House M.D.

September 27, 2017

熱帯雨林からしつこく「プライムビデオ見放題」のお知らせがあり、モノは試し...とばかりチャンネルを検索していたところ、「失敗しない外科医」のお話がまとまってヒットしました。張り切って観ようと思って選択したところ、誤って「Dr.House」を選択してしまい、ま、いいかぁ、と思いながら観始めたら、興味深いドラマではまってしまいました。

 

すでにご存知の方もおられると思いますが、ウィッキーによると2004年~2012年に放送されたTVドラマで、Dr.House率いる「医療解析部門」で巻き起こるお話です。日本で言うところの「総合内科医」でしょうか。診断を特定し、適切な治療を行うのがその部門の役割のようです。

少々やりすぎと思える展開はありますが、医療ファンタジーの世界と思えば、患者や疾患と向き合う姿勢は、良くも悪くもロールモデルになるように思います。

 

看続けていると、むむっ!何か見たことがあるぞ!...という場面に出くわします。そうです。「GM~踊れドクター(2010年)」や「ドクターG(2010年3月~)」の展開です。この頃は、総合診療科や総合内科医の活動が注目されていたように思いますが、どちらが火付け役になったのでしょうか。政策が先か、ドラマが先か...

 

いずれにせよ、Dr.Houseは踊りはしませんが、推論のためにあらゆる情報を収集し推論していく場面は、医療提供者を目指す皆さんに(ベイツのテキストなんかと比較しながら)一度は観ていただきたいな...と思います。

 

全シリーズ制覇したいのですが、1シーズン20話(多いときは24話)×8シーズン=160時間弱になります。毎日2時間ずつみても80日以上は掛かる計算...ドラマをみるのも気力と体力がいるなぁ...と思った次第です。

 

 

Please reload

Recent Posts

February 27, 2019

December 12, 2018

September 27, 2017

July 18, 2017

June 30, 2017

Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

© 2012 by JSPAC. Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • w-googleplus
  • w-youtube