日本周麻酔期管理学会 認定制度の発足について(案)

2009年(平成21年)から活動を開始してきた本研究会ですが、社会的な動きや周麻酔期管理に関する責任の明確化が必須であると考え、会員の皆様からの熱いご要望にお答えし、下記の2種の認定資格制度を発足することに致しました。

まずは平成30年3月に第一回目の認定試験を実施し、今後5年間のうちに、適切な運営を担っていけるよう、基盤整備を行う予定です。

認定麻酔科看護師

Japanese Certified Registered Nurse Anesthetists (J-CRNA)

平成30年3月中旬〜下旬に認定試験を実施します。

​■ 受験資格

  1. 本研究会会員である者(平成30年度は受験後の入会も認めます)

  2. 周麻酔期管理に関わる看護系大学大学院で修士課程を修了した者

  3. 審議会の定めた国家認定の医療関連者法定免許を有する者

その他

受験料、試験日時、方法等の詳細については関係各位宛に別途ご案内いたします。

ご迷惑をお掛けしますが、もうしばらくお待ちください。

認定周麻酔期管理士

Japanese Certified Peri-Anesthesia Care specialists (J-CPACs)

平成30年4月中旬〜下旬に認定試験を実施します。

​■ 受験資格

  1. 本研究会会員である者(平成30年度は受験後の入会も認めます)

  2. 本学会会員である者

  3. 周麻酔期管理に関わる大学院での修士課程を修了した者、またはそれに準ずる公的な研修課程を修了した者

  4. 審議会の定めた国家認定の医療関連者法定免許を有する者

 

その他

受験料、試験日時、方法等の詳細については関係各位宛に別途ご案内いたします。

ご迷惑をお掛けしますが、もうしばらくお待ちください。

© 2012 by JSPAC. Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • w-googleplus
  • w-youtube