ご挨拶

周麻酔期管理は,周術期の中でも麻酔管理に関わる期間,領域の患者管理に際して,関与する職種がぞれぞれの業務内容や役割分担を明確にし,また全員が共働して安全で質の高い医療,看護を提供することを一つの目的としています。

 周麻酔に関わる期間,領域というのは,術前から術後まで麻酔に関わるすべての期間,領域であり,単に麻酔薬を投与そる期間,領域だけではありません。そこには術前の患者の状態や検査の評価,服用薬剤のチェックから始まり,術前から術後までのリハビリや口腔ケアを実施するためのシステム作り,そしてそのシステムの稼働,術前から術後にかけての栄養管理,患者の精神的なケア,手術に関わる相談などの精神的な補助を行い,手術当日は術中管理が主となるが,術後は患者の状態把握,疼痛管理を行う。そして術後患者が落ち着いた時期あるいは退院するに当たって,手術の結果も含めた周麻酔全般に対する患者による評価を実施し,その集計・分析により情報をフィードバックする,など多くの業務が存在します。関わる職種は,麻酔科医,看護師,臨床工学技士,口腔外科医(歯科医),薬剤師,管理栄養士,臨床心理士,医療ソーシャルワーカーなど多くの職種の関与が必要です。

 米国では周術期を一括管理しようとするPerioperative surgical home(PSH)が少しずつ作られるようになってきていますが,わが国でもこういったセンターを検討すべき時期に来ていると考えます。本研究会が中心となってPSHではなく,PACC(Peri-Anesthesia Care Center)構想を立ち上げてもよいのではないでしょうか。

© 2012 by JSPAC. Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • w-googleplus
  • w-youtube